読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハート♥剛毛系

心が剛毛な心臓モサモサ系の人の散文。主に「自分のこと」を書くのがテーマです。

さよならインタビューズ。今からログ取るなら。

どうもどうも久しぶりにこっちのブログを書きます。
毎日育児マンガブログを描いてるのでこっちが全然更新できてません。
salucoro-mile.hatenadiary.jp

書きたいネタはたくさんあれど…。
今年はこっちのブログにも動きがある…と思います。思います。

で、どっかに書いておこうと思ったネタがあったのでぱぱっと書きます。
「インタビューズ」が終わりましたね、突然。
まあ、2014年にサービス終了ってアナウンスがあったと思うのですが、その後「やっぱり続けます」ってなったので「じゃあいいか」ってほっておいたんですよ。
で、ログ取らないでいたら急に見られなくなって終わってしまったですと…。

nlab.itmedia.co.jp

ログ取っておけばよかったーー!!
と後悔していたら「今ならここからまだログが取れるよ」と知り合いに教えてもらったので貼っておきます。

mthe001-821539231.ap-northeast-1.elb.amazonaws.com

ここのURLの「salucoro」のところを自分のIDにすれば自分のログも見られるハズです。
そのうち消えちゃうらしいので、悔いがある人はいまのうちにどうぞ。

で。ログを取りながら
自分の印象深いインタビューのやつをついでに貼っておきます。


─人生をようようとサバイブするには、何が大事だと思いますか?


面白い答えじゃないかもしれないのですがぶっちゃけて言うと「勝算」じゃないでしょうか。

「こうすれば生き残れるんじゃないかな」という直感的なヤツです。
現代社会をジャングルやサバンナに置き換えて「獲物を捕る」という感覚と申しましょうか。
「わたしじゃあの獲物なんか捕れないかも…」なんて思ってたらサバイブ的な人生はやらないと思うんですよね。
「こうすればお金がもらえて生活できる」って明確なプランと、それに見合う力。「狩る力」とでもいいましょうか。そういうものがなければサバイブ人生じゃない生き方がいいと思います。
実際人間は肉食動物じゃありませんから「カロリー」が「欲望」だと思えばいいと思います。そこそこでよければ危険な大物を狙う必要はないわけです。
私の実力と「カロリー」はたぶんイタチくらいかなあと思うのです。
イタチが獲物として牛一頭とか狩ろうとするのは無謀ですが、ちょっと大きめの鶏くらいを狩れたら幸せだと思うんでうよね。で、たぶん頑張ればできるし。
イタチが「あの鶏だったら狩れるかな」みたいな、そういう「身の丈にあった勝算」。
そういったものじゃないでしょうか。
この先も食いっぱぐれず生きて行きたいものです…。
2011-10-13 00:56:26

─大人になって良かったこと教えてください。私は高校生ですが両親をみていていつも何か我慢して、全然遊んでなくて大人ってつらそうだな、としか思いません。


ぬ、ぬ、ぬ、ぬわんですとーーーーー!!!!
こ、高校生さんがわたくしに質問してくれるというのも嬉しいですが大人が辛そうとしか思えないとは………。

何も我慢してない、自由満喫中のわたくしとしては大人になってよかったことは「大人になったこと」!
と思えるくらい、大人最高! とか思っています。

私は小学生のときから「早く大人になりたい」と思っていました。
大人になれば自分で行きたい所に行ける。自分で欲しいものが買える。
自分のやりたい職業につける。自分ですべて選ぶことができる。
いいことばっかりじゃないですか。
20歳のときに1人暮らしして、スーパー行って自分のお金で「桃4個パック」を買って「全部自分のものだあああ!」と思った時の感動が忘れられません(笑)。
(姉弟4人で桃が争奪戦だったんですよ……!!! 別に全然貧乏とかじゃなかったんですが(笑))

大人になって一番いいことは「自分で選べる」ことです。

私はいつも「必要なものしか手に入らない。そして必要な物は必ず手に入る」と思っています。これが「欲しいもの」でないことがポイントです。

私は我慢するのが苦手です。
我慢してまで欲しいものはないなーと思っています。
「結婚」で例えるなら私は我慢するのが苦手だったので「離婚歴のある人」になりました。お互いの理想の幸せの形が違うことに気が付いたのに無理して一緒にいる「必要」がなかったからです。
しかしこの世で何よりも「結婚してること」が大事ならば相手に問題があろうと我慢したりするかもしれません。その人にとって「素敵な文句ナシの旦那様」というのが「欲しい物」だったとしても「結婚してることが必要」な場合「我慢」という選択肢を選んでしまうかもしれないということです。その人にとってなにが「一番必要な物」なのかで選択肢は変わるのだと思います。

だから、あなたのご両親もあなたにとって「何か我慢して、全然遊んでなくて辛そう」かもしれませんが、きっと「人生にとって一番必要な物」のためにやっているんだと思います。

そして1つ言うと「我慢」と「努力」は時としてよく似ているということです。
あなたの目からみた「我慢して辛そう」はひょっとしたらご両親にとっては「よりよい人生を得るための努力」かもしれません。

しかし、そんな人生じゃないほうがいいな、と思うのであれば「自分が思う楽しい人生を選ぶ」ことができます。それを自分で選ぶことができるのが、大人です。

幸せな大人になるために、自分の納得いく人生を選択できる力をつけて、
そして自分の人生を楽しくハッピーになるような選択をしてください!
2011-10-09 01:21:22

この時の高校生さんは今は成人してるかもしれないけど、どうしたかな。
自分でよい人生を選べる大人になってるといいな。