読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハート♥剛毛系

心が剛毛な心臓モサモサ系の人の散文。主に「自分のこと」を書くのがテーマです。

「結婚さえできればいいと思っていたけど」結婚が決まったときの喜びのシーン紹介と先読みの声

「結婚さえできればいいと思っていたけど」
内容紹介その③

初婚編
4・[ウエディング・ハイ]29歳〜30歳よりf:id:salucoro:20161020021157j:plain

結婚が決まった時の素直な喜び。
いやー、ほんと婚活女子が一番モヤモヤするのは「将来が見えない不安」だと思うんですよね…。
結婚さえすれば、その道筋が見えるんだと思っていた。

…そんなときが、私にもありました。

が。しかし。

 

やりたくてやった、結婚パーティに違和感。

f:id:salucoro:20161020021221j:plain

f:id:salucoro:20161020021111j:plain

モヤモヤするぅ〜。
モヤモヤするぜぇ〜。

結婚は、ゴールじゃない。
そこからの道筋はもうちょっと考えてから選択をしなければ道を誤ってしまうのだ……。

 

って、この辺のことについて、色々描こうと思ったんだけど、もう

「本を! 読んで! 読んで欲しい!」
という一言に尽きるので、是非読んで頂きたい…。

只今、担当編集氏が献本作戦をして下さっていて
この本が刺さりそうな人、面白がってくれそうな人に
発売前に献本をして読んで頂いています。

というわけで、アラサーの恋愛系コラムでご活躍中のお二人にもお送りさせて頂きました(わたしはお二人とは面識ないのですが、担当さんが送って下さいました)。


マンガを描き終わってから友達とかには読んでもらったんだけど「すごく面白いけど、直接知り合いだから面白いと思うのかよくわかんない」と言われてたんですよね。

で、私を知らない人が読んでも面白いんだなーというのがわかって安心しました。
よかったよかった。

高瀬志帆先生にも共感を頂いた…!

 

というわけで、結婚についてモヤモヤとした気持ちをお持ちのみなさんには、是非とも読んで頂きたいのであります。

10月27日発売です!
よろしくお願いいたします。

結婚さえできればいいと思っていたけど

結婚さえできればいいと思っていたけど