読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハート♥剛毛系

心が剛毛な心臓モサモサ系の人の散文。主に「自分のこと」を書くのがテーマです。

男女はフィジカルにおいて不平等

先日Twitter眺めてたら「スカートに精液かける痴漢」の話題をみかけた。
んでもってそれを「嘘だ」とTweetしてる人がいるらしくフェミニスト系女性達が憤っていた。

スカートに精液かけるとか、スカート切るとか20年前、私が女子高生のときからの超あるある。あるあるすぎてたぶん誰も警察に届けたりしなかった。
この年になると「被害届け出しなさい!」とか思うけど、痴漢は日常過ぎてやりすごすものだった。
「スカートを切られる」のもあるあるで私の友達も切られてたし、駅降りたら前を歩いてた子のスカートが切られてたのも見たことあるし、最近「ああ、昔切られたことある」という人が身近にいた。
それくらいあるあるなのです。
(スカート切ることに性的興奮を覚えるみたいなの、全く理解できないけど日本全国いろんなところにある一定数そういう人がいると思うと本当に恐ろしい)

で、それ関連でTweetを色々見ていたらこんなのんきなTweetを見た。

「スカートに精子かけられるって俺がズボンに母乳かけられるようなもんかな?」
(あえてリンクは張らないけど)

この、男性にたまにみかける「男女逆転で考えてみた」のロジック。

んなわけねーーーーーだろ!!!!!!

君のズボンに知らないおじさんが精子かけてくるほうを想像してください!
「オレは対象じゃないもんね」というその距離感が間違ってるんだってば!

で、男性が「え〜? 痴漢? よくわかんないけどそんなに嫌なの?」「男がみんな痴漢じゃないよ〜」みたいな寝ぼけた話をしてるときに必ず
「自分が『おっさん』に精子かけられた(触られる・性器を押し当てられる等全ての痴漢行為)をされたときの気持ちを想像して?」と言うようにしている。
f:id:salucoro:20140613020319j:plain

男女は逆転してもわからない。
あれは「自分よりも肉体的に強いものに、一方的に性的に搾取される恐怖」なんだから、男性も自分よりも屈強な男性に襲われるところを想像しないとわからない。

ちなみに「世界一周ホモのたびDX」というマンガに、トルコシリアの垢すりで
「マッチョなトルコシリア人おじさんに男性が垢すりしてもらっていると、うつぶせに寝ている自分の手の平の上におじさんがそっと睾丸陰嚢を乗せてくる」
という話がある。作者の高橋さんに取っては「お誘いキター!」なんだけど、それをやられた別の細身の日本人の男の子と後日話をする機会があって、恐怖体験として語られる。というエピソードがある。
この話、男性に「痴漢のリアリティ」を伝えるのに結構よいエピソードなのだ。

【修正しました】※ブログ書くにあたり読み直したハズなのにトルコ編の印象が強かったのでシリアに移動した下りを読み逃していた! すみません。というわけでふぐり乗せおじさんは「シリア」です。
あと確かに乗せてくるのは「ふぐり」なので「陰嚢」ですね。おふくろさん…。
ちなみにイスラム教の国は同姓愛は禁忌なのだけど、そもそも「ホモ」という概念が最初から存在していないらしい。女性に簡単に手出しできないので男同士で処理し合う。そして旅行者に手を出す。東洋人の若者は特に彼らに比べると華奢で手を出されやすい。ということがコラムに書かれています(作者のサムソン高橋さんは若かりし頃に来なかったことを後悔)。詳しくは「世界一周ホモのたびDX」で! 
【修正その2】陰嚢を乗せられて喜ぶ「ゲイ男性」と作者の高橋さんを指してストーリー展開の説明を書いたところ不快に思う「ゲイ男性」が何名かいらっしゃったようなので「作者の高橋さん」に限定しました。

世界一周ホモのたびDX

世界一周ホモのたびDX


なぜか「痴漢」の話になると男性は自分が狙われる対象を「異性=痴女」に変換して「たいしたことないじゃん」と軽く見積もってしまう人がいる。いやいや、女性だって女性に襲われるのと男性に襲われるのじゃ違います。なので、いつも痴漢を軽く見積もる男性を見るとこの「トルコシリアの垢すりでうつぶせになってると、トルコシリア人おじさんが、君の手の平にそっと睾丸陰嚢を乗せてくるような感じだよ」と言うことにしている。実際の痴漢被害だと自分の体を触られるほうが多いので、そのトルコシリアの垢すりのおじさんがノンケ男性の局部を揉みしだくくらいまで想像してもらってかまわない。

ちなみにこの話、男性にすると本当に嫌な顔されます。

もちろん、男性に性的搾取される男性も実際にいて、それは女性がされるよりも小さく取り扱われてしまうので、そこも問題だよなあと思っている。もっとみんな「フィジカルの、物理的な体格差」についてちゃんと意識したらいいのにと思う。
格闘技が大体重量制で別れてることを考えても「体格差」はそう簡単に越えられないのだ。
ちなみに私が聞いたことがあるリアルな男→男子痴漢のエピソードは…
学ランを着て電車通学をしていた高校時代。小柄で顔のカワイイ友達の後ろに、妙にくっつくおじさんがいた。なんだろう? と思ってそのおじさんをみると…その友達の学ランの肩の部分を、おじさんはベロベロと舐めていた…。
それに気が付いた周りの同級生達は「うわあっ!」と言って一目散に逃げた(舐められてた子を置いて)。みたいな話だったと思うけど、やはり男性に一方的に性的に搾取されるのは恐怖以外の何者でもないと思う。f:id:salucoro:20140613020358j:plain
ちなみに男性の10人に1人くらいの割合で同性と性交渉ができる…と聞いたことがある(戦国武将も男同士大好きな人がたくさんいたというし…)。しかし同意無く一方的に性的に搾取されるのは恐怖だと思うので男性同士OKの人の話は今回おいておきます。そして「世界一周ホモのたびDX」は大変面白いです。しかしエピソードの数々が色々すごいので「同性OKの男の人ってフィジカル的に同等の相手に性的に何されても大丈夫なのかな」って不思議な感じはします。一冊目の「世界一周ホモのたび」も面白いです。


空手をやっててすごく思うのは「女性の体に比べて男性の体は丈夫だ」ということ。
どんなにメンタルが豆腐みたいな男性だとしても、手首の骨の太さを比べれば女性よりも太い。
空手は基本的に「自分の体を武器にする」というロジックなので、骨と筋肉の差は「武器の大きさ」にダイレクトに直結する。
もちろん個体差はあるが、私は153センチしかないので男性と相対する(組み合う)と腕の骨の質量だけでも「プラスチックのモップの柄と、樫の木の棍棒」くらいの差があるなと思う。そして筋肉の差もかなりある。私の手のサイズ、骨のサイズで男性がぐっと力を入れたお腹の部分に突きを入れてもたいしたダメージを入れることはできない(ちなみに肋骨は踏ん張れないので女性→男性でも折ることはできます。肋骨って結構簡単に折れちゃうんですよ。それが男→女だったら思うと更に怖さハンパ無し)。
f:id:salucoro:20140613020435j:plain

男の人に「男と同じベッドで寝るとかマジ無理。女の子同士って平気で一緒に寝るよね」と言われますが、そりゃそうでしょう。これも「同性・異性」で見るから変なのです。男性の骨はゴツゴツしてるし、腕一本の重さが女性と全然違うし、ヒゲは生えてるし、毛はザラザラしてるし…ステディでラブラブな男性が相手じゃなきゃ絶対お断りです。かたや、女性の体はやわらかいし、骨も軽いし、お肌もすべすべ。あげくにイイ臭いまでしたら、そりゃ女性ならOK! です。
むしろ男性は男性と同じ布団で寝る体験を何度か経験して頂いて「女の人ってこんなのと寝てるの?」という実感を味わってほしいです。

つまり、男性の体がモビルスーツだとしたら、こちとらボールに乗ってるんじゃい。戦闘力が違うんじゃい。
ということを心に刻んで頂きたい(と、ガンダムで例えてるけどガンダムちゃんと見たこと無い…ごめんなさい)。


女子高生や若い女子がおじさんに待ち伏せされたり、ラブレターをもらう話とかが「こわい」として話されていると、「男性は純情なのかしれないのにさ〜、おじさんというだけで忌み嫌われてかわいそうじゃないの?」という男性がおりますが、これも同様に「自分が40代〜50代男性に待ち伏せされるところ」を想像してみて頂きたい。
仕事帰りにいつも門であなたよりも身長が15センチは高いおじさんがあなたをじっと潤んだ瞳で見つめながら「あなたの事が大好きです。いつも見つめています。お電話下さい」と電話番号が入っている…。「おじさんの純情」をおもんばかってあげる? え? 好みだったら電話しちゃう? まあ、女性だって好みだったら電話しますけど…、女性にされるのと男性にされるのではかなり違うんじゃないですかと聞きたい。

男性のフィジカルの強さについて、ほとんどの男性はすごく鈍感だと感じる。
どんなに「こんな気弱なボクなのに」と思っていても女性が男性になにかされるときに「こわい」と感じるのは、まず基本に「フィジカルの差」があるからだよ。ということをどこかで覚えておいてほしいなと思う。f:id:salucoro:20140613040543j:plain

2015年1月28日追記※男をレイプする男。の具体的な話があったので貼っておきます。

レイプ犯はゲイだから男を犯すのだと誤解する人が多いのですが、たいていゲイではないのです。これはセックスの問題ではなく、力と支配の問題なのです。

とありますが、これは男→女でも同じ要素を含むと思うし、泣き寝入りする被害者感情も似ていると思いました。